一定期間更新がないため広告を表示しています

今は、昔。

池田町の陸郷(りくごう)に

サクラを愛するじいさまがおったそうな。

このじいさま、みんなから「りゅうじぃ」と呼ばれておった。

りゅうじぃは、毎年、小鳥たちが

サクラの実をついばんで増えたヤマザクラの花を見て、

『オラも小鳥たちのお手伝いをしよう』と心に決めた。

りゅうじぃは、町へサクラの苗木を買いに行き、

陸郷に植え始めた。

そして、春になれば、サクラを植え、

サクラが咲き、また春になれば、

サクラを植え、サクラが咲き・・・

これを何年も何年も繰り返した。

このことが実を結び、

“西の吉野 東の陸郷”と呼ばれるようになり、

訪れる人々の心を魅了した。

りゅうじいは、「オラが死んでも、

オラの植えたサクラの木は残る」

そう言って、陸郷の仲間達と仲良く暮してるとさ。

めでたし、めでたし。

その『はなさかりゅうじぃ』が摘み取った

陸郷の八重桜を、ばあさんが塩漬けにしました。

お湯に入れると『ふわっ』と桜が咲きます。

縁起物として、昔からご結納、ご婚礼、

その他お祝事に桜茶が喜ばれています。

桜茶以外にも、お赤飯に入れたり、

クッキー、パンなどにもお使いいただけます。

夢農場売店にて、販売中。

桜、まだまだ満開中。この土日も楽しめます。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL